ATの実際の走り方

さて、ATの基礎的な操作方法を確認したところで実際の走り方に入ろう。

まずは市街地走行から。せいぜい60km/hくらいしか出せない市街地ではDレンジより3レンジで走る方がいい。
EHトランスミッションだったら、プログラムはSでもいい。要するに、このへんのスピードだったら3速までの方がスムーズだし、燃費もいいからだ。
なぜスムーズなのかというと、ここまでのスピードだったらアクセルを戻すと4速に入るし、アクセルを少し踏む
と3速に落ちる。速度の変化が激しい市街地では頻繁にシフトアップ、シフトダウンを繰り返すことになる。シフト
ダウンのときはアクセルを踏み込んでシフトダウンを待ってからの加速となるため、ドライバーの気持ちと時間差が
生じる。1秒の何分の一という時間ではあるが、これがスムーズでない理由だ。加速開始まで時間がかかるぷん、アクセルを余計に踏んでいることが多く、
加速開始と同時に予定より大きな加速に驚いてアクセルを戻すというパターンになる。つまり、頻繁に3速と4速を行き来するようなシフトにならないために、
3レンジかSモードを選択する。また、山岳路では積極的にシフトダウンをするのがいい。中古車情報は、←こちら。

EZ013_L

Comments are closed.