パニックブレーキの理論

ここで実体験はできないが、パニックブレーキの理論を勉強しておいてもらう。
前方に障害物を発見したとする。目前に迫ってくるが、うまくブレーキがかけられれば止まれるかもしれないという距離だ。
左右に逃げ道がないとすればフルブレーキングしかない。このときどのようなブレーキをかければいいのだろうか。
思い切ってブレーキペダルを踏めばいいじゃないかと思うかも知れない。しかし、この思い切ってブレーキをかけられるドライバーが意外と少ない。
フルプレーキングというのは、ブレーキペダルを蹴飛ばすようにバーンと踏み込むことをいう。
一瞬のうちに4輪をロックさせるのがいいフルプレーキングだ。もちろんABS付きでも同じようにバーンと踏むが、当然ロックはしない。

ではなぜバーンと踏んでロックさせるのかを説明しておこう。

目で障害物を確認する。頭の中でブレーキを踏むと判断する。そして右足をブレーキペダルに動かして踏み込む。
こうしてペダルで押されたブレーキフリュードは各車輪にあるディスクキャリパーに付いているピストンに細いパイプを通して圧力を伝える。
このピストンがパッドを押してローターを挟むのである。ブレーキペダルを踏んでからローターを挟むまでに多少の時間がかかる。
これをブレーキシステムの遅れと呼ぶ。空走距離の中には、頭で判断してペダルを踏んだ他にも、このブレーキシステムの遅れまで含まれているわけだ。
車の世界を見たいなら中古車 高く売る ←こちらへどうぞ。オススメです!

このブレーキシステムの遅れはある程度短縮できる。それが蹴飛ばすようにバーンとペダルを踏むことだ。
初期の圧力が高ければ高いほどブレーキシステムの遅れは短くなるからだ。

そしてもうひとつ、なぜ4輪をロックさせるのかを説明しよう。

EZ040_L

Comments are closed.